Uncategorized

酵素と酵母は別!ダイエット方法の違い

投稿日:

酵素と酵母はどちらも体にいいものですが、違いがはっきりわからないという人も多いのではないでしょうか。

酵素は呼吸をはじめとする化学反応や代謝を助ける物質です。呼吸をするのに不可欠ですから、すべての生き物の体内に備わっています。
酵母は真菌、つまりカビの一種です。どちらも発酵に役立つので同じものだと思われてしまうことがあるのですが、2つの最大の違いは、酵素はタンパク質ですから生き物ではないのに対し、酵母は単細胞の生き物であるという点です。

では、それぞれの働きと活用方法についてみていきましょう。

酵素とは

酵素とはタンパク質でできていて、生き物の細胞内で作られます。
脂肪燃焼や呼吸といった代謝活動や食べ物の消化など、体内のあらゆる化学反応を促す化合物の総称です。
酵素にはいろいろな種類があります。消化酵素一つ取っても、糖分を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼがあり、唾液や胃液をはじめとする消化液に含まれています。

酵素は、生き物が存在するのに不可欠です。酵素がないと、呼吸や消化といった重要な化学反応が非常に遅くなり、生きていくのもままならないほどです。また、活躍の場は生体内だけではありません。化学反応を早めるパワーを利用して、お酒や味噌といった発酵食品の醸造にも使われています。

酵素を含む食品

酵素は動物だけでなく植物にも含まれています。ですから、肉・魚・野菜・果物には酵素があります。しかし、酵素はタンパク質でできていますから、温度が高すぎると壊れてしまう性質があります。
酵素は42〜70℃で壊れてしまうので、加熱調理すると酵素を体内に取り込んで役立てることができません。野菜や果物は生のまま食べるとよいでしょう。

酵素を豊富に含むものは次のとおりです。

野菜

レタス、にんじん、セロリ、キャベツ、トマト、きゅうり、大根など

果物

キウイ、バナナ、りんごなど

発酵食品

味噌、しょうゆ、納豆、キムチ、漬物、麹など

酵母とは

酵母の中でも有名なのは、パンを発酵させるときのパン酵母、つまりイースト菌です。このように、酵母は菌類なのです。酵母は糖分をエサにして、エネルギーとアルコールなどの生産物を作り出します。酵母にとって必要なのは活動するためのエネルギーですから、アルコールや炭酸ガス、酢酸などの副産物はオマケというか、人間にとっての便のようなものです。それを人間が有効に利用しているにすぎないのです。

酵母はお酒の醸造やパンの製造に利用されていますが、種類によって生産物が異なります。そのため、酵母にはビール酵母、ぶどう酒酵母、パン酵母などさまざまな種類があります。酵母を使った食品は体にいいだけでなく、酵母自体にもタンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富です。

酵母を含む食品

酵母は、食品に幅広く利用されています。発酵食品をイメージする人も多いでしょう。

酒類

清酒、焼酎、ビール、ワインなど

発酵調味料

味噌、醤油、食酢など

乳製品

ヨーグルト、チーズなど

そのほか、パンやクッキーなどにはパン酵母が含まれます。

酵素ダイエットと酵母ダイエットの違い

酵素ダイエットとは

酵素には代謝酵素・消化酵素・食物酵素の3種類があります。代謝酵素はエネルギー生産や呼吸といった代謝を助けるのに対し、消化酵素と食物酵素は消化活動を助けます。ダイエットでは代謝酵素が大切だと思われがちですが、実は消化酵素も非常に重要です。
なぜなら、消化酵素が不足すると代謝酵素がそれを補うため、代謝が悪くなってしまうからです。まずは消化酵素を十分に補給しておくことがダイエットの第一歩です。

体外から補給できる酵素は食物酵素だけです。代謝酵素と消化酵素は潜在酵素といって、体内で作るものだからです。食物酵素は食べ物から取り入れることができ、消化酵素の働きを助けますから、積極的に活用するとよいでしょう。

気をつけたいのは、酵素を含む食事を取ればそれでダイエットになるわけではない点です。たとえばリパーゼで脂肪を分解しても、その後に運動してエネルギーに変えることが必要です。

酵素食品を活用しよう

ところで、食物酵素が含まれる食品を食べても、消化酵素が直接増えるわけではありません。食品は胃で消化されますから、そこで酵素も壊されるわけです。
しかし、酵素食品を取り入れることは無駄ではありません。食物酵素は消化をしやすくしますし、体内の酵素の活性化に役立つので、健康な体づくりにつながるのです。

野菜や果物、発酵食品には、酵素以外にビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれていますから、それらが腸内環境を整えてくれます。腸内環境が改善すれば便秘もよくなり、カラダ全体が健康になりますから、ぽっこり出たお腹がへこんだりとダイエット効果も期待できますよ。

酵母ダイエットとは

酵母は糖を分解してくれるため、生きたまま体内に取り込むことができれば、人間が食べすぎた糖の吸収を抑えてくれます。

ただ、ほとんどの酵母は胃などで消化されて死んでしまいます。生きた酵母の力を借りるなら、消化液でも死なない酵母を取り入れなくてはなりません。最近では、酵母に耐消化コーティングを施した製品も見られますから、ダイエットとして試してみてもよいかもしれません。

もちろん、酵母そのものに栄養が豊富に含まれていますから、食べた酵母が消化液で死んでしまったとしてもダイエットには役立ちます。酵母を取り入れて栄養を補い、健康になるという方法ですね。

酵素・酵母ダイエットを始める前に

酵素ダイエットや酵母ダイエットをする上で、酵素や酵母をとりあえず取ろうとする人は向いていません。

代謝や消化機能が低下している場合、まずは日頃の食習慣や生活リズムをすることが大切です。夜更かしや夜食をやめて睡眠をよく取り、一日3食バランスよく食べるように心がけるといった当たり前のことを実践していきましょう。そして、食事の中に酵素や酵母を含む食品を積極的に取り入れていくことをおすすめします。

-Uncategorized

Copyright© 【40代50代女性向け】ラクビの口コミ69件から効果、副作用を徹底検証!最安値で購入するには? , 2019 All Rights Reserved.