Uncategorized

消化にばかり使うと酵素が無駄に!酵素の使い方に気をつけよう

投稿日:

酵素の大事な働きとして、食べ物を消化する、という役割があります。しかし、代謝を良くし、健康な体を維持するためにも酵素は必要不可欠。ということは、体内にある限られた酵素を消化酵素として使うばかりでなく、効率よく元気な体を保つために使う必要があるということですね!

そのために、食事のとり方や運動の方法などにちょっとした注意が必要なのです。普段から気を付けている人もいるかと思いますが、ここでご紹介しましょう。

気をつけたい動物性たんぱく質と糖類の取り方

動物性たんぱく質、中でもお刺身やローストビーフといった生のもの、生に近いものは多くの酵素を含んでいます。積極的に、たくさん摂りたい食品の一つといえますね。

その一方、同じ動物性たんぱく質でも、トンカツやステーキ、焼き肉、から揚げなどは脂質が多い食べ物です。これらは消化するのにたくさん酵素を必要とします。おいしいのでつい食べ過ぎてしまう、というのも脂質の多い料理の特徴。酵素が無駄になるというだけでなく、消化しきれずに腸に流れたたんぱく質が便秘を引き起こしたり、体臭のもとになったりすることがあります。摂りすぎないよう注意が必要です。

食べ過ぎたとき、消化を助けるために有効なのは、生のパイナップルを絞ったジュースです。また、大根は消化を助ける酵素がたくさん含まれていますので、こちらもおススメです。天然の胃薬といわれるほどです。もちろんこれも生で使いましょう。大根おろしとトンカツを一緒にいただくなど、おいしくいただく工夫をするといいですね。

もう一つ気をつけたいのは糖類です。糖類には、単糖類と二単糖類の2種類があります。一般的にケーキやお菓子類に多く使われている砂糖、ショ糖、乳糖、麦芽糖といったものは二単糖類になります。実は、二単糖類を消化するためには、酵素をたくさん使わなくてはなりません。反対に単糖類は消化しやすいので、酵素の消費量は少なくてすみます。つまり、糖類を摂るときは、なるべく単糖類を摂るようにすれば酵素が無駄にならない、ということなのです。では単糖類とはどういった糖類なのでしょう。果糖、ブドウ糖などがそれにあたります。たとえば、生の果物、はちみつといったものに含まれています。

女性なら(もちろん、甘党の男性でも)、スイーツをどうしても食べたい!と思う人が多いはず。この時、同じ甘いものを食べるなら、生のフルーツがおススメなのです。フルーツはビタミン類も多く含まれているので、美容にも良く、水分も同時に取れる、賢い選択といえますね!

食べ過ぎと夜食を避けよう

消化に無駄に酵素を使わない、という目的から考えると、食べ過ぎはよくない、ということは説明せずともおわかりになりますよね?胃の内容物が多ければ、消化酵素もたくさん使われるのは当然です。そして、食べ過ぎて消化不良を起こしたり、おなかを壊したりと健康と美容には悪いことばかりなのです。

では、夜食はなぜよくないのでしょうか。夕食を食べ終わり、夜更けになると小腹がすいてくるものです。しかし、酵素の無駄を避けるには、できれば食べないほうがいいのです。何が問題かというと、食べる時間帯です。一般的に午後8時から翌日午前4時ごろまでは、栄養の吸収と酵素による代謝が進む時間といわれています。一日の消化が終わり、腸から栄養を吸収したり、ようやく酵素が代謝に使われたりする時間なのです。この時間帯に夜食をとってしまうと、消化するために優先的に酵素が使われてしまいます。その結果、大事な代謝が後回しになってしまうのです。

運動するタイミングに注意!

酵素の無駄をなくすためには、食事だけでなく運動にも注意が必要です。特に大事なのはそのタイミング。食後すぐの激しい運動は酵素をたくさん消費してしまいます。すると、今度は消化に回るべき酵素が運動に優先的に使われてしまい、消化不良を起こしかねないのです。そうなると、胃腸の不調に直結することになりますね。ですから、運動するなら、食後すぐではなく、食後の休憩をとってから行いましょう。

そして、運動の内容も考えなくてはなりません。激しく走ったり、跳んだりといった運動は好ましくありません。できれば有酸素運動にしましょう。有酸素運動は、脂肪が燃焼しやすく、代謝を良くするのにちょうどよい運動です。たとえば、ウォーキングやヨガ、ストレッチといったものが行いやすい有酸素運動です。筋肉をつけたいとか、早く走れるように訓練したいとか、特別目的がある場合は別として、美容と健康のために運動をするのであれば有酸素運動をおススメします。

化学薬品に気を付けて

ドラッグストアに行けばたくさんの化学薬品があふれています。ちょっとした風邪や頭痛で市販薬を買って使った経験、ありませんか?

適度に使う分には便利な化学薬品ですが、頼りすぎると免疫力が落ちたり、アレルギー体質になったり逆に体を弱める結果になってしまいます。これは、酵素をたくさん使うことにつながってしまうのです。すると体の抗酸化作用や免疫力がさらに落ち、また具合が悪いと薬を使う、という悪循環に陥ります。どうしても必要な時以外は、安易に化学薬品に頼りすぎないようにしましょう。

せっかく体に取り入れた酵素を無駄にしないためにも、こうした注意点に気を配り、効率よく、酵素で健康維持ができるようにしてくださいね!

-Uncategorized

Copyright© 【40代50代女性向け】ラクビの口コミ69件から効果、副作用を徹底検証!最安値で購入するには? , 2019 All Rights Reserved.