Uncategorized

ダイエットに効く酵素ってなに?本当に効くの?

投稿日:

ダイエットに効くと言われる「酵素」。耳にしたことがある人も多いでしょう。しかし、酵素にどのような働きがあるかご存じですか?本当にダイエット効果があるかどうか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

そんな酵素について、知識ゼロの方にもわかりやすく解説します。

酵素には3つの種類がある

酵素とはタンパク質でできていて、体内の新陳代謝や食べ物の消化といった化学反応を促進する働きがあります。代謝の一つである呼吸には酵素が不可欠なので、ヒトをはじめ動物、植物、微生物などすべての生き物が酵素を持っています。

ちなみに、酵素と酵母は別のものです。酵素は動植物の体内で作られる物質なのに対し、酵母は真菌、つまりカビの仲間です。酵母は生き物ですが、酵素はタンパク質の一種であって生き物ではないことが最大の違いです。

酵素には、大きく分けて

  • 代謝酵素
  • 消化酵素
  • 食物酵素

という3種類があります。

私たちは体内で代謝酵素や消化酵素を作り、食べ物から食物酵素を得ています。実は、どれも健康や美容に欠かせないものなんです。

1.ダイエットのカギとなる代謝酵素

代謝酵素は筋肉や各臓器に存在していて、次のような代謝活動に作用します。

  • 栄養素をエネルギーに変える
  • タンパク質やホルモンを作る
  • カラダの酸化を防ぎ、毒素を分解する

見るからに、すごく重要な働きがあるとわかりますよね。代謝酵素がしっかり働くカラダは、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに変えやすく、いわゆる新陳代謝も活発で、細胞の酸化、すなわち老化も防げるということなのです!

中でも、栄養をエネルギーに変えるエンジンのような働きはダイエットに直結します。だから、代謝酵素の働きがいいと、やせやすくキレイになりやすいと言えるのです。

2.ダイエットと健康を下支えする消化酵素

消化酵素は、一言で言うと食べ物の消化を助ける酵素です。唾液や胃液などの消化液に含まれていて、タンパク質・炭水化物・脂質をそれぞれアミノ酸・グルコース・脂肪酸に分解して、体内へ吸収できるようにします。

消化酵素の働きがよければ、食事に含まれる栄養素の吸収効率もよくなります。また、代謝酵素との関わりが非常に深く、不規則な食生活をすると消化酵素が大量消費されてしまい、それを補うために代謝酵素が不足してやせにくくなります。

カラダの調子を整えるためには、代謝酵素と同じくらい消化酵素も大切なのです。

3.消化酵素を助ける食物酵素

食物酵素はそれぞれの食物に含まれていて、消化酵素と同じように食べ物を分解します。消化を助ける働きがありますから、消化酵素が減るのを防いでくれるわけです。消化酵素の大量消費を食い止めると、代謝酵素も減りにくくなります。その結果、酵素がカラダの中で十分に機能し、ダイエットや健康にプラスの作用が生まれます。

食物酵素には最適な温度というものがあり、50℃前後で最も活発に働きます。また、加熱調理すると酵素の働きは失われます。そのため、野菜などを生で食べる有効に取り入れられます。

酵素が不足すると不健康なカラダに

代謝酵素が不足すると、取り込んだ栄養素をエネルギーに効率よく変えることができません。せっかく取り込んだ栄養素をエネルギーに変えて代謝できなければ、体内に蓄積することになります。すなわち、カラダに脂肪がつきやすく太りやすくなってしまいます。それだけではありません。エネルギーをうまく使えないために体力が低下し、疲れやすいカラダになっていきます。

また、消化酵素が不足することで、食べた栄養成分を消化する能力が低下します。せっかく栄養を取っても、体内に取り込まれにくくなってしまいます。

酵素が不足すると、カラダは栄養不足に陥り、体力が低下し、疲れやすい体、太りやすい体質になるといった悪影響を及ぼします。つまり、酵素は健康的に生きるため欠かせないものなのです。

年とともに増える酵素不足

一生のうちに体内で作れる酵素の量は決まっているといわれています。そのため、年齢とともに使える酵素の量が減っていきます。40代では20代のときの50%、60代ではなんと30%しか酵素を作れないと言われます。

酵素不足は、食生活の乱れによる酵素の無駄づかいによって加速します。その一方で、食べ物から不足した酵素を補うことができますから。食習慣の見直しが大切になってきます。

こんな食生活は酵素の無駄づかい

  • 生野菜をあまり食べず、こってりした食事や加熱した食事が多い
  • スイーツやお菓子など甘いものが大好き
  • インスタント食品やファストフードをよく利用する
  • 夜更かしと朝寝坊で食事時間が遅くなる

このような食生活では、糖質や脂質の取りすぎになり、過剰な栄養素を体内で分解するためにたくさんの酵素を消費してしまいます。

また、酵素の活性や胃の活動は正午から夕方にかけてピークを迎え、夜9時以降には働きが弱まります。食事の時間が遅い人はピーク時に消化が終わらず、酵素の無駄づかいや胃への負担につながります。このような食生活の人は、ぜひ食物酵素を取り入れて体質改善を図りたいものです。

酵素が含まれる食品

では、どのような食品に酵素が含まれているのでしょうか。代表的なものを紹介していきます。

野菜・果物

野菜や果物には食物酵素が豊富です。熱による失活を防ぐため、加熱せずに食べるとよいでしょう。果物は、食後より食事の1時間ほど前に食べることで栄養素の分解に役立ちます。
酵素を含む野菜・果物は次のようなものがあります。

  • 野菜
  • 果物
  • 大根
  • キャベツ
  • 山芋
  • 玉ねぎ
  • セロリ
  • 人参
  • トマト
  • きゅうり
  • ブロッコリー
  • にんにく
  • しょうが
  • りんご
  • バナナ
  • パイナップル
  • キウイフルーツ
  • アボカド

発酵食品

発酵食品は、発酵の過程で多くの酵素が発生します。また、酵素だけでなく腸の働きを助ける乳酸菌も豊富ですから、ぜひ取り入れたいところです。中でも植物性乳酸菌は、胃酸による影響が少なく腸まで届きやすいためオススメです。

  • 動物性乳酸菌
  • 植物性乳酸菌
  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 漬物
  • ぬか漬け
  • キムチ
  • 甘酒
  • みそ

酵素力アップのためにプラスしたいもの

酵素が正常に機能するために、食事以外でも取り組めることがあります。日頃から次のようなことに気をつけて、生活習慣を改善するのも一つの手です。

食物繊維を取る

食物繊維は腸内環境を整え、酵素の働きをよくします。また、コレステロールをコントロールし、血糖値の急激な上昇を抑えることで糖尿病予防・改善にも効果が期待できます。

抗酸化食品

発酵食品にも抗酸化作用がありますが、さらにビタミンA・C・Eを取ると細胞の酸化を防ぎ、細胞を保護します。
抗酸化作用によって、体内の代謝を妨げる活性酸素を打ち消しますから、結果的に代謝がアップして痩せやすくなります。

良質な睡眠

睡眠は脳や体を休めると同時に、酵素を作り出し蓄える時間でもあります。
朝から酵素をしっかりと使えるように、深夜0時前には就寝し、7時間程度の睡眠を取りましょう。

酵素の力で健康に

酵素を上手に活用すれば、体の働きがスムーズになり、ダイエットにも役立ちます。
酵素の無駄づかいを防ぎ、食物酵素の力を取り入れることで、健康的な生活を送りましょう。

-Uncategorized

Copyright© 【40代50代女性向け】ラクビの口コミ69件から効果、副作用を徹底検証!最安値で購入するには? , 2019 All Rights Reserved.